ART GALLERY EDOM アートギャラリー エドム

新時代のプリンセス[塔の上のラプンツェル]

今回は、「塔の上のラプンツェル」をご紹介いたします。
ラプンツェルファンの方ならご存知かもしれませんが、ちょっとした豆知識をお伝えします。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが、何年もあたためてきたプロジェクト「ラプンツェル」は、ディズニー長編アニメーション第50作品記念として2010年に公開されました。

これまでのCGアニメーションにない豊かな表情と自然な動きを実現し、その一方、「伝統」と「新しさ」の融合で、ディズニー伝統の手描きのぬくもりを最新のCGで表現した映画です。

その中心を担ったのは、ヒロイン「ラプンツェル」のデザインを手掛け、製作総指揮も務めた「グレン・キー」です。彼はこれまで、アリエル、野獣、アラジン、ポカホンタスなどを手掛けてきたベテランのアニメーターです。

また、「アラン・メンケン」が作曲、「グレン・スレーター」が作詞をした音楽も大きな魅力です。

夢をかなえるために塔を抜け出して、初めての冒険!

ラプンツェルのストーリーをご紹介いたします。

森の奥深く、高い塔に「ラプンツェル」という魔法の髪をもつ少女が暮らしていました。

王女として生まれながら、その魔法の髪ゆえに「ゴーテル」にさらわれ、誰とも会うことなく育てられたラプンツェルの1番の興味は、毎年、自分の誕生日になると、遠くの空に浮かぶ無数の灯り。それは、さらわれた王女が戻ることを祈って王国の人々が飛ばすランタンの灯でした。ラプンツェルはなぜか、その灯りに心惹かれ、塔を出て間近に見ることを夢見るようになっていました。

ラプンツェルの18歳の誕生日の直前、ゴーテルの留守中にお城から王冠を盗んだ大泥棒の「フリン」が追っ手をかわして塔に逃げ込んできました。
魔法の長い髪を自在に操ってフリンを捕らえたラプンツェルは、取引をもちかけます。「あの灯りを見に連れて行ってくれたら、王冠を返してあげる」と。それは、ラプンツェルにとって、なにもかも初めての冒険で、恋を知り、本当の自分を見つける旅の始まりでした。

主要メンバーが勢ぞろい!魅力満載なフィギュア

ジム・ショア氏がデザインしている「ディズニートラディション」から待望の主要キャラクターが揃っているフィギュアが登場です。

丸太風の台座の上に、ラプンツェル、フリン、パスカル、マキシマスが勢ぞろい!

アンティーク調に仕上げられたこちらの作品は、世界中のコレクターに人気があります。

また、木彫り風のあたたかいデザインのため、インテリアとしてお部屋に飾っていただいても、ギフトとしてもお勧めです。

4059736 Carved by Heart Rapunzel

¥ 16,500

ラプンツェルフリン・ライダー

ラプンツェルは、キズを癒し人を若返らせる魔法の髪をもつ少女。この魔法の髪とフライパンを駆使して冒険に出ます。

フリン・ライダーは、プレイボーイでお尋ね者の大泥棒。本名はユージーン・フィッツハーバート。

マキシマス

マキシマスは、あだ名は「マックス」。犬にも負けない嗅覚を持ち、正義感ある王国の警護隊長。心優しいラプンツェルにすっかりなついてしまい、宿敵のフリンと協力し合い、彼女の夢をかなえようとしてくれます。

パスカル

ラプンツェルの大親友のカメレオン。

ラプンツェルにとって夢や希望を語れるただひとりの相手 であり常に彼女を応援してくれる頼もしい存在。

白を基調とした「ラプンツェル」のフィギュアが登場!

これまでのディズニートラディション作品は落ち着いたお色合いながらも、フィギュアと台座に多くの色を使用した作品がほとんどでしたが、今回は白を基調とした作品です。

白色を基調に彩られたこちらの作品は、様々なシーンにマッチし飾りやすく、今まで以上に温かみと華やかさがあります。

ラプンツェルと、馬のマキシマスの優しい眼差しと、ラプンツェルの魔法の髪もアニメーションのようにしなやかに仕上がっており、大親友のパスカルも肩に乗った手の込んだ作品です。

ラプンツェルとマキシマスには、ジム・ショアらしい彫りが細かくデザインされています。

ジム・ショアが作る作品は、主張しすぎない上品なデザインが特徴です。

6005958 Rapunzel White Woodland

¥ 11,880

編みこみされた髪型も魅力的!

次にご紹介させていただくフィギュアは、ラプンツェルが得意とする絵を描いているシーンのフィギュアです。ラプンツェルは塔に閉じ込められている間、料理や読書、音楽やヨガ、壁に絵を描くなどして日々を過ごしていたため、絵を描くのはとても得意です。

フリンと街に出た際に、長い魔法の髪で思うように動けません。

すると、街の子供たちがたくさん花を使って綺麗な編みこみをしてくれました。

綺麗なお花をあしらった、街に出た時のラプンツェルのフィギュアです。

長い金色の髪も魅力的ですが、この編み込みのシーンもとても人気があります。
ドレスと台座には、アーティスト「ジム・ショア氏」のデザインが施されています。

ディズニートラディションシリーズのラプンツェルのフィギュアは、ピンクのドレス、髪飾りと台座に描かれているお花が、ラプンツェルの天真爛漫な性格のようにとても明るく華やかです。

お部屋の中がより一層、明るくなるフィギュアです。

6002820 Princess Passion Rapunzel

¥ 9,900

レア作品!短い髪のラプンツェル

こちらの作品は、ディズニートラディション 「ジム・ショア氏」デザインの生産終了のレア作品です。

このシーンは、塔の上のラプンツェルの「スピンオフ映画」のワンシーンです♪

皆様ご存知のように、フリンが「ゴーテル」の罠にはまり、力尽きてしまいそうになった時、

ラプンツェルは長い魔法の髪でフリンを救おうとします。しかし、フリンはラプンツェルを

ゴーテルから解放するため、彼女の髪を切ってしまいます。

短くなった髪は魔法が使えないため、フリンが息絶えてしまうのを見てラプンツェルは大粒の涙を流します。すると、涙にまだ魔法が残っており、フリンは奇跡的に生還します。

スピンオフ映画は、この続きになりますので、ラプンツェルとフリンの結婚式のお話しです♪

夜空いっぱいのランタンを目にして夢が叶ったラプンツェルは、はっきりとフリンへの想いを自覚します。そしてフリンもまた、大切なのは金銭財宝ではなく、一緒に旅をしてきたラプンツェルだと気が付きます。

短い髪のラプンツェルのフィギュアは珍しいですし、王女らしいゴージャスなデザインにも要注目です!

アーティスト「ジム・ショア氏」の作品のため、ウェディングドレスに豪華なデザインが施されています。

台座には、夜空いっぱいのランタンをイメージしたデザインが施されており、ストーリーのクライマックスの場面がギュッと詰まった作品であるため、ファンにはたまらない作品です。

フリン・ライダーの衣装にもゴージャスなデザインと、王室のシンボルマークがデザインされています。

4056751 Rapunzel and Flynn Wedding

¥ 12,100

ディズニーのオートクチュールコレクション「Disney Showcase」

次にご紹介させていただく作品は、「クチュール・デ・フォース」と題した ラプンツェルがまるでパリコレのランウェイで歩くように、華やかで魅惑的な作品です。

「Disney Showcase」とは、ディズニースタジオのアニメーターでもあり、WDCC(ウォルトディズニー・クラシック・コレクション)ではクリエイティブ ディレクターとして勤めていた、 「ディビッド・パチェコ氏」が監修している、非常にクオリティの高いフィギュアです。

高クオリティのこちらのフィギュアは、ラプンツェルの繊細な表情や、煌びやかな衣装など、細部までひとつひとつ手塗、手作業で仕上げられています。

また、アニメーションよりもドレスや髪に、煌びやかな装飾品を施しています。

今にも動き出しそうなドレスのドレープの美しさも、このコレクションの特徴です。

ラプンツェルのドレスには、王家の紋章「太陽」のデザインが施されています。

こちらの紋章、アニメーションの中でも所々に出てくる重要なモチーフです。

塔の中にもラプンツェルが「太陽の勲章」の絵を描いています。

ディズニースタジオのアニメーターが監修しているため、ラプンツェルの繊細な表情や煌びやかな衣装、こだわりのあるデザインのため、世界中のディズニーコレクターに人気があります。

6001661 Rapunzel

¥ 13,200

ボーンチャイナの上品で美しいラプンツェルが登場

英国の「Camal社」から発売のフィギュアです。

こちらは、ボーンチャイナの技法を使った焼きものになりますので、ディズニーフィギュアの中でも高級で上品な仕上がりです。

さまざまな有名な食器ブランドが取り入れている「ボーンチャイナ」は、18世紀末にイギリスで生まれました。

その当時のイギリスでは中国磁器で多用された白色粘土が入手困難であり、代用品として牛の骨灰を陶土に混ぜて制作され、なめらかな乳白色の焼き物が出来上がりました。

原料の牛の骨灰から「ボーン(=骨)」、イギリスで磁器のことを磁器発祥の地、且つ最大の産地であった中国にちなみ「チャイナ(=中国)」と呼んでいたことから、

この焼き物を「ボーンチャイナ(Bone china)」と呼ぶようになりました。

また牛の骨の代わりにカルシウムを加えた「ニューボーン」というものあります。

合成樹脂とは違った上品さと華やかさのあるラプンツェルフィギュアです。

お色はすべて手彩色で施されています。

今回は、「塔の上のラプンツェル」をご紹介させていただきました。

お気に召していただいた作品はございましたでしょうか?

ご自分へのご褒美にお部屋のインテリアとして、または大切な方へのプレゼントとして、

日々の生活がより一層、心豊かになれる作品をいかがでしょうか?