ART GALLERY EDOM アートギャラリー エドム

夢と魔法とロマンスがいっぱい!アラジンの世界

『千夜一夜物語』の『アラジンと魔法のランプ』を原案とした「アラジン」は1992年に公開、その後すぐに高い評価を得ました。
第65回アカデミー賞歌唱賞を受賞した「ホール・ニュー・ワールド」等、楽曲の数々は多くの人々に愛され続けています。
また続編・完結編の作品も人気作品となり、2019年には実写版も公開されました。

この作品の魅力はストーリーだけではなく、個性的なキャラクター、素晴らしい歌の数々などミュージカルとしての完成度も高く、ディズニーの魔法は、この物語をたくさんの糸で鮮やかに紡ぎだしました。

アラジンを担当したアニメーターであるグレン・キーンは「プリンセスがなぜ王子と恋に落ちるのか」という点を深く掘り下げ、逆境に立ち向かう、今までとは違ったプリンス像を作り出しました。

アラジンの性格をより魅力的に描くことを常に心掛けたそうです。
前作「美女と野獣」とは違い、他作品のキャラクターたちをカメオ出演させ、セリフには笑いの隠し味を施し、コメディ要素を多く含む作品に仕上げました。
子供から大人まで楽しめるエンターテイメント性の高さが多くの人々を惹きつけるのでしょう。
ではこの物語を追いながら、素敵な作品をご紹介していきたいと思います。

アラジンとは?

砂漠の国“アグラバー”に、ある貧乏な青年が住んでいました。

彼の名はアラジン。生きていくために相棒の猿・アブーと毎日盗みを働いていましたが、実は優しい心の持ち主でした。

そんなある日、見知らぬ美しい女性と遭遇します。

彼女は自分の意志とは違う結婚を強いられ、城から抜け出してきた王女・ジャスミンでした。二人はお互いの身分を知らぬまま少しづつ惹かれていきます。

しかし、そのあとすぐアラジンは衛兵に見つかり連行されてしまいます。

それは国務大臣・ジャファーによって仕組まれたものでした。

狡猾で邪悪なジャファー

ジャファーは大臣の職には満足せず、国の支配者を目指します。そのため絶大なる力を発揮する”魔法のランプ“を探していました。彼はアラジンが適任者だと考え利用しようとしますが、この企みは失敗に終わります。

こちらは、ジム・ショア氏が手掛ける作品です。

木目調で細かいところまで再現されているのが特徴。
ハンドペイントによるアンティークな風合いが温かみを感じさせます。
ジャファーの世界観を見事に凝縮させたものに仕上がっており、マントには手下のイアーゴ、魔法の洞窟、洞窟へ導く黄金のスカラベが描かれています。
ジャファー自身に巻き付くコブラの姿こそ、彼の内面を表しています。

魔法のランプ・ジーニーの登場

さて、物語ではアラジンがランプを手にしますが、アブーのミスで洞窟に閉じ込められてしまいます。ランプに書かれた文字を読もうと手でこするアラジン。すると中から出てきたのは・・・

そう、ランプの精・ジーニーだったのです。魔法のランプに住む、ジーニーは「どんな願いも3つまで叶える」とアラジンに伝えます。二人の友情はここからが始まりです。

「フレンド・ライク・ミー」の曲に合わせて自己紹介する、元気で明るく陽気なジーニー。
エンターテイナーさながらに踊り歌う姿はまさにミュージカルスターのようです。
ワハッハーと笑い声さえも聞こえてきそう。
そんな表情をうまく捉えた作品となっています。彼を束縛し、彼のホームとなる存在のランプもきちんと台座に描かれています。

心からの願い

アラジンの願いは、ジャスミン王女に再会することでした。そうして叶えられた一つ目の願いは、“王子になる”こと。

こちらは、ディズニースタジオでアニメーターを務めた、デイビッド・パチェコ氏がプロデュースする作品です。25周年を記念に作られたこちらのフィギュアは、泥棒をしていた頃のアラジンに比べ服装がかなり豪華です。
繊細な刺繍やフェイクフェザー、宝石に見立てたラインストーンは王族を思わせる煌びやかな世界そのもの。腰に手をあてたポージングは自身に満ち溢れています。その仮の姿はランプの力で成り立っている、ということを示すデザインがマントの後ろ側に描かれています。

ジャスミンとラジャー

仮の王子の姿になりジャスミンと再会できたアラジンですが、他の王子と同様にジャスミンの機嫌を損ねてしまいます。ジャスミンが孤独を感じるとき、いつもそばで寄り添うのは唯一の友達である虎のラジャー。獰猛な虎とは思えぬほど従順で愛らしい姿に、ジャスミンは心を癒されます。

イギリス王室御用達ブランドである、ロイヤル・ドルトン出身のアーティストが立ち上げたカマル社のこちらのフィギュアは、ボーンチャイナで出来ています。滑らかな質感と優しい色合いがジャスミンにふさわしく、上品な仕上がりになっています。ラジャーの表情も愛らしく、二人の信頼関係も垣間見える作品。

世界限定1500体です。

ホール・ニュー・ワールド

ジャスミンへの愛は誠実であること、とジーニーからアドバイスを受けたアラジン。様々な成り行きからジャスミンを素敵な旅に誘い出します。

魔法の絨毯に乗ろうと誘うアラジンをいぶかしげに見るジャスミン。「僕を信じろ」というセリフに聞き覚えがあったジャスミンは彼を信じて、空の旅へ出かけます。

アラジンに誘われて、未知の世界へ踏み出すジャスミン。名曲「ホール・ニュー・ワールド」がBGMとして始まるシーンはあまりにも多くの人に愛されていますが、まさにその世界を再現した作品です。飛び出す絵本のように作られており、彼らが住むアグラバーの街も表現されています。

作品の後ろ側は「表紙」として“Aladdin”の文字を記し、その細かいこだわりも魅力的な作品となっています。

二つ目の願い

ジャスミンとのデートが終わり有頂天になったアラジンでしたが、ジャファーの目論見により海に突き落とされてしまいます。ですが、運が味方をしてアラジンはジーニーになんとか命を救われます。

ジャファーの野望が叶うとき

ジャスミンとの恋を成就するためとはいえ、アラジンは自分を見失い始めます。ジーニーとの信頼関係にもひびが入り、やがて二人の友情に影が差します。ジャファーはその機会を見逃さず、魔法のランプを手に入れることに成功します。

ランプの力により最強の魔法使いにまでなったジャファーですが、アラジンの知恵とその仲間たちのサポートでジャファーはランプに閉じ込められ、砂漠の彼方へ追放されました。ようやくアグラバーに平和が戻りました。

ハッピーエンド

悪企みをしたジャファーを倒し、ジャスミンの父王・サルタンの計らいでジャスミンと結婚できるようになったアラジン。ジーニーが自由になりたい、と知っていたアラジンは最後の願いに「ジーニーを自由にすること」と伝えます。そうしてジーニーは念願だった自由を手にし、その喜びをみんなで分かち合います。本当の友情とは何か?自分らしく生きることの意味とは?そんな大切なことを教えてくれる幸せな物語の結末です。

魔法の絨毯や、アブー、そしてサルタン王を含む主要人物たちが集結したこちらはみんなの喜びが溢れ出てくるようです。ハッピーエンドにふさわしく、最後に皆の絆が一つになった幸せの瞬間を作品にしています。

今回は、「アラジン」をテーマにご紹介させていただきました。

ユーモアの中にも多くの大切なことを知るこの物語の世界をご自宅に飾ってみてはいかがでしょうか?