ART GALLERY EDOM アートギャラリー エドム

大切なあの人を思い浮かべて・・・「Best Friend」


皆様は「友達」という言葉を聞いて、どんな人を思い浮かべますか?

悩みをきいてくれる人、何も話さなくても一緒にいるだけで安心できる人、苦楽を共にした人など・・・。

『友達』の定義は、ひとつとは限りません。

そこで、今回は色んな『友達』をテーマにしたフィギュアをご紹介させていただきます。最初はやっぱりこのコンビでしょう!



■我らがスーパースター、ミッキーとプルート

DTR 4048656 Mickey and Pluto


プルートはミッキーの愛犬で、大切な友達でもあります。

ミッキーがプルートに「僕の親友は誰かな?」と聞くと、「ミッキーの親友は僕・プルートだよ!」と言わんばかりにプルートが嬉しそうにミッキーに向けてお腹を見せるシーンがお話にも登場しますが、まさしく、この作品には日本語で親友を意味する『Best Pals』というタイトルがつけられています。

いつもは仲の良いふたりも、ちょっとした気持ちのすれ違いで仲違いすることもありますが、お互いの存在の大切さを再確認し、より一層仲良くなる2人を見ると、私は温かい気持ちになって大切な友達に会いたくなります。

4048656 Mickey and Pluto

¥ 10,450





■立場の違いがあるからこそ、絆は強くなる!

DTR 4057956 Judy and Nick


「ズートピア」より、うさぎのジュディときつねのニック
出会った当初は反りが合わない2人でしたが、一緒の時間を過ごすうちにお互いを尊重しあう関係に変わっていきます。

生まれ持った性質や育った環境が違っても、相手を思いやる心や立場の違いを理解しようとする気持ちがあれば、友情は成立するということをジュディとニックが証明してくれましたね。

このフィギュアでは台座の模様がジュディとニックの洋服の色の三角形が合わさり四角形になっていますが、『ふたりでひとつ』という風にジュディとニックが強い絆で結ばれていることを表しているように感じられます。

4057956 Judy and Nick

¥ 10,450






■言葉がなくても通じ合う心と心

DTR 6005958 Rapunzel White Woodland



DisneyTraditionsのホワイトシリーズから「塔の上のラプンツェル」のプリンセスと動物たちとの友情をモチーフにした作品はいかがですか?

塔の中で暮らしていた時からの大親友・カメレオンのパスカル、ひょんなことからラプンツェルと出会いラプンツェルの天真爛漫で素直な人柄に惹かれた・白馬のマキシマスとラプンツェルから,穏やかで優しい印象を受けるのは、気を許しあった3者の関係性と温かみのあるオフホワイトを基調としたカラーリングのおかげでしょう。

ラプンツェルに微笑みかけられたら、いつもは凛々しいマキシマスも思わず顔がほころんでしまうようです。

6005958 Rapunzel White Woodland

¥ 11,880






■一緒にいるだけで心が満たされる♡

Disney Britto 4055231 Pooh and Piglet


100エーカーの森の仲間たちからは、プーとピグレットの癒し系コンビをご紹介いたします。

プーとピグレットがセットのフィギュアはいくつかあるのですが、個人的にはこのDisney Brittoの作品がオススメです。

ビビットカラーで彩色された2人からはアーティスティックな印象を受けますが、プーとピグレットのほのぼのとした世界観と融合し、キュートでハッピーな仕上がりになっています。

プーの背中と足にあるハートマークは2人の友情の証でしょうか?
フィギュア全体の雰囲気を印象づける素敵なポイントにもなっています。

4055231 Pooh and Piglet

¥ 12,100






■「信じあうのが友達」

DSC 4054876 Finding Dory


困難な状況でも明るく歌を歌ったり、物事をポジティブに考えて、周りのみんなを元気にしてくれるドリー。

「信じあうのが友達」作品の中でドリーがニモのパパ・マーリンに言った言葉ですが、お互いを信じて助け合うからこそ、困難を乗り越えられるのでしょうね。

ニコニコ顏のドリーとニモを見ていると、心が和み、ちょっとした嫌な事なんて忘れてしまえそうです。






今回は「友達」をテーマにしたフィギュアをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

なかなか会えない友達に『ありがとう』の気持ちを込めてプレゼントするのもオススメですし、ご自身の自宅やオフィスなどに飾っていただいて友達の存在をいつも身近に感じて楽しんでいただけたらと思います。