ART GALLERY EDOM アートギャラリー エドム

アニメーションに登場するドラゴン達 「Disney Traditions (ディズニートラディション)」などディズニーフィギュアもご紹介!

ディズニーアニメーションに登場するドラゴン達

ディズニー映画には度々ドラゴンが登場します。
今回はディズニー映画に登場するドラゴンをご紹介します。

ディズニーヴィランズのなかでもトップクラスの人気! 魔女のマレフィセント


まず初めにドラゴンと言って思い出すのは眠れる森の美女に出てくる魔女のマレフィセントが最後の戦いでドラゴンに変身するシーンではないでしょうか。

魔女のマレフィセントのドラゴン

繊細に再現されたディズニーショーケースのマレフィセントドラゴン

オーロラ姫を助けに来たフィリップ王子と戦うシーンでマレフィセントがドラゴンに変身します。口から炎を吐き戦う姿は迫力があり、強く恐ろしいものとして描かれています。

Disney showcase 魔女のマレフィセントのドラゴン
Disney showcase 魔女のマレフィセントのドラゴン

ディズニーショーケースのシリーズから発売されたマレフィセントのドラゴンは火を噴く様子や身体を覆っているウロコ状の肌がドラゴンのイメージにぴったりです。身体の大きさに比べ背中の羽根が意外なことに小さいのはちょっとかわいく感じてしまいます。

WDCCのマレフィセントドラゴンは大迫力!

WDCCのマレフィセントのドラゴンも迫力があってカッコイイですね!

WDCC 魔女のマレフィセントのドラゴン
WDCC  Maleficent as The Dragon

ここからは、ディズニー映画に登場するドラゴンをさかのぼってご紹介します。


ディズニー映画のドラゴンはマレフィセントとは違って優しい生き物として描かれている作品もあります。

リラクタント・ドラゴン ディズニーアニメーション初の実写&アニメの合成映画


1941年6月20日に公開されたディズニー初の実写&アニメの合成映画です。


実写パートは脚本家が自身の脚本の映画化のためにウォルトディズニーに売り込みにやって来てウォルトに会うまでの間、現場を見学させてもらう様子が描かれています。
アニメーションのパートはリラクタント・ドラゴン等の短編が収録されています。

リラクタント・ドラゴン

つづいて、リラクタント・ドラゴンのあらすじを簡単にご紹介します。


ある村にドラゴンと騎士が大好きな少年がいました。
ある日、ドラゴンがいると騒ぎになりこっそりと見にいきます。しかしそこにいたドラゴンは本で見ていた火を吐く怖いドラゴンではなく歌を口ずさみポエムを作るのが好きな心優しいドラゴンでした。


しかし、村では有名な騎士にドラゴン退治をしてもらうことで沸き立っていました。
少年は騎士に会い一緒にドラゴンのところに向かいます。
騎士は少年の言っていた通り優しいドラゴンと知り相談して一芝居打つことに・・
戦うふりをして最後に騎士の槍で刺されたように見せかけます。
元々優しいドラゴンですが村人には騎士が暴れたり火を噴いたりしないと約束させたということで村人にも受け入れ楽しく暮らします。

リラクタント・ドラゴン

まつ毛が長くて目がぱっちりとしたかわいいドラゴン
お腹の上でのお茶会に参加してみたいですね。

騎士との戦いの芝居も上手で芸達者な一面もあります。

貴重なWDCCのリラクタント・ドラゴンのフィギュア



リラクタント・ドラゴンは、WDCCでもフィギュア化されています。

WDCC リンクタント・ドラゴン
WDCC   Reluctant Dragon

王様の剣 かわいいピンク色のドラゴンが登場♪


1963年12月25日公開作品です。


魔女のミムが魔法使いのマーリンと対決した時に変身するドラゴンをご紹介します。
ミムはマーリンと対決する際、約束としてドラゴンには変身しないと約束したのにも関わらず劣勢になるとドラゴンに変身して戦いに挑みます。
それでも負けてしまいますが・・

王様の剣のドラゴン(魔女のミム)

ドラゴンといっても全身ピンクでちっとも怖くないです。

ディズニートラディションの新作フィギュアはスカートにご注目!

Disney Traditions マダム・ミム
Disney Traditions Madam Mim with Scene

ディズニートラディションのマダム・ミムのスカートには変身したドラゴンが描かれています。
ヴィランズに分類されるミムですが、変身したドラゴンも意地悪そうです。
頭に毛が生えているのはミムが変身した名残ですね。

Madam Mim with Scene

¥ 14,850

ピートとドラゴン あのパレードにも登場!?日本劇場未公開作品のドラゴン


1977年の実写とアニメーションの映画で、日本では劇場未公開作品です。

ピートとドラゴン

あらすじ:ピートは孤児の少年。ピートの唯一の友達はドラゴンのエリオット
緑の体にピンクの羽根を持ち、火を噴いたり透明になることができます。


ホーガン一家に日々こき使われる暮らしに嫌気をさしエリオットと共に違う町に・・
そこで、早々にいたずらをしてみんなを怒らせ厄介者扱いされ灯台守をしている親子に預けられます。


娘のノラはとても優しくしてくれました。いままでそんなに優しくされたことのなかったピートはお礼に何とか役に立ちたいと考えます。そこで漁に出て一年近く帰って来ない恋人を探すようにエリオットに依頼します。

一方、町ではインチキ医者がドラゴンの体から薬を作って一儲けしようとたくらみピートにエリオットを売るようにせまります。もちろんピートは断ります。
諦め切れない医者はエリオットの悪い噂を流し、町の人々は段々それを信じてしまいます。
ピートはエリオットが暴れているという嘘に騙され小屋に連れ込まれてしまします。そこにはホーガン一家が待ち構えていました。逃げ出そうにも村人が協力して逃げ出すこともできません。


ホーガン一家に連れて行かれそうになるピートの前にエリオットが現れ、「ピートにはお金を払っている」という証明書をちらつかせますが炎を吐き燃やしてしまい、一家の追い払いに成功します。


さまざまな作戦が失敗に終わった為、医者は自らエリオットを捕まえようと銛を発射しますが銛についていた縄が足に絡まっていたため一緒に飛んで行ってしまいました。


一件落着し、エリオットの誤解も解けヒーローとして扱われるように・・

ピートとドラゴン

エリオットのおかげで、長らく消えていた灯台に火もともりそのおかげで漁に出ていたノラの恋人も無事に帰ってくることが叶いました。


幸せに暮らすピートにエリオットは「困っている子がいるから行かなきゃ」と告げ、ピートと同じような不幸な子供を助けるために飛び立って行きます。

サイズも優しさもビッグ!なディズニートラディションのエリオットのフィギュア

ディズニートラディションでフィギュア化されています。

Disney Traditions ピートとドラゴン(エリオット)
Disney Traditions Peter’s Dragon

Pete Dragon

¥ 16,500

ムーラン コミカルな愛されキャラの守護竜


1998年6月19日公開映画です。


ヒロインのムーラン ファ家の守り神だった赤竜 失敗して一人を亡くしてしまった為、ファ家の先祖の霊をたたき起こすドラ叩きに降格
ムーランを英雄にして再び守り神に昇格するようムーランと共に旅をします。

ムーシュー

お調子者でちょっといい加減な性格なムーシュー。
今までのドラゴンは大きくて体格もいいのが通常でしたが今回のドラゴンは細身で小さいムーシューはちょっと見、トカゲみたいですね。

ディズニートラディションからリリースされているムーシューのフィギュア

Disney Traditions ムーシュー
Disney Traditions Mushu Personality Pose
Disney Traditions ホワイトムーラン
Disney Traditions White Woodland Mulan

悠々と空を飛ぶドラゴンというよりもちょこまかとしたコミカルなドラゴンに描かれています。

ディズニートラディションでフィギュア化されています。

2021年の3月5日には新作映画「ラーヤと龍の王国」という作品の公開が予定されています。
今度はどんなドラゴンが登場するかそしてどんな物語かディズニーにまた一つ新たなドラゴンが加わります。