ART GALLERY EDOM アートギャラリー エドム

【コラム】スクリーンデビュー「蒸気船ウィリー」

皆さま いつもEDOM TIMESをご覧頂きありがとうございます。

今回は誰もが知っているミッキーのスクリーンデビュー作「蒸気船ウィリー」をテーマにミッキーマウスフィギュアをご紹介します。

まずはスクリーンデビューを飾った作品 蒸気船ウィリー【Steamboat Willie】をちょこっとご紹介いたします。

1928年11月18日アメリカ合衆国公開されたディズニー制作の短編アニメーション作品です。

この蒸気船ウィリーは世界初のトーキー・アニメーション!音声付きアニメーション作品でした。

日本では1930年5月19日公開されました。

作品のディレクターを務めたウオルト・ディズニー氏は登場人物の声を全て自身で演じ、パワーズシネフォンプロセスを用いてフイルムにサウンドトラックを記録する画期的な方法で作成されました。

ストーリーの主役は蒸気船を操縦するイタズラ好きのミッキー。

彼はミニーを喜ばせる為に動物を楽器代わりにして「オクラホマミキサー」を演奏します。それを見た船長のピートが怒って、ミッキーにジャガイモ切りの罰を与えるのです。

船窓からその姿を見ていたオウムに笑われ、腹の立ったミッキーはオウムにジャガイモを投げつけ、突き落として満足気にわらいます。

ミッキーマウスの原点でもあり、ミッキーが楽しそうに口笛を吹くシーンは可愛らしく、キャラクターの動きがコミカルで、躍動感に満ちている映画です。


それでは蒸気船ウィリーに因んだ作品のご紹介です。

Disney Britto(ディズニーブリット)

ポップアーティストでもあるロメロ・ブリット氏がディズニーとコラボレーションしたDisney Britto。

欧米で大人気のアーティストです。ブリット氏の特徴的でもあるカラフルでポップな色彩と斬新なデザインでアート性が高い作品になります。

人気シリーズから、蒸気船ウィリーのミッキー&ミニーが登場しました。モノクロ映画ですがポップアーティストブリット氏のデザインで、モダンでありながらも赤が目を引く粋なミッキー&ミニーになりました。

お帽子のハートがとてもキュートでお家時間が多い今!誰もが微笑むお部屋にしませんか?

Steiff(シュタイフ)

こちらはドイツ老舗ぬいぐるみメーカーSteiff社の作品になります。

ミッキーマウス誕生90周年を記念として作成されたミッキー、ミニーです。1090体限定品になり、素材はトレビラベルベットで作られています。

耳や胸に付いているボタンやタグはSteiff創業以来の伝統を守り続けるために付けられたトレードマークになります。蒸気船ウィリーミッキー&ミニーに付けられている白タグに赤文字は制限のある限定版モデルになり大変貴重な作品です。

1928年モノクロ映画デビュー作に因みモノトーンのミッキー&ミニーで、大きさはなんと35㎝と存在感抜群です。是非ともミッキー&ミニーペアでお飾り下さい。

Disney Traditions(ディズニートラディション)

続いてはジム・シュア氏監修のDisney Traditionsの蒸気船ウィリーミッキーと船長ピートの登場です。

クラシカルな雰囲気のミッキー誇らしげな表情が可愛らしいミッキーと映画のどのシーンなのか?と蒸気船ウィリーを見直したくなる船長ピートの姿です。

こちらも白、黒のモノトーン無彩色で木工品の様な手作り感溢れた風合いが魅力的な作品になります。素材はレジン(樹脂)になりますが、ハンドペイントで細部まで作りこまれた素晴らしい作品です。

Disney Traditionsは種類も豊富で、アレンジセンスの光る作品ばかりですので、エドムショップでお気に入りをお探し下さい。

WDCC

Mickey’s Debut Steamboat Willie

WDCC:  Walt Disney Classic Collectionディズニースタジオのアーティスト監修のスケッチを元に熟練の職人の手によって映画の一場面を忠実に再現した精巧な作品です。

大きな耳に豊かな表情、ミッキーが蒸気船を操縦しているキュートな姿は、誰もが見入って微笑んでしまう作品ですね。

こちらはWDCCメンバー5周年限定作品です。貴重な作品になりますが、何処かで出会えたら最高ですね。

今回は蒸気船ウィリーのミッキー&ミニーを紹介させて頂きましたが、

次回も魅力的なDisneyの世界感をお伝え出来ればと思います。

次回のEDOM TIMESもお楽しみに♪