ART GALLERY EDOM アートギャラリー エドム

ディズニー映画紹介『ピノキオ』

ゴールデンウィークも終わり、みなさまは楽しいGWを過ごされましたか?

お出かけされたり、おうちでゆっくりされたり、もちろんお仕事だった方もいらっしゃると思います。ニュースなどでも今年はここ数年に比べて少しだけアクティブに楽しまれた様子を見ることができました。

さて今回はゴールデンウィーク中にあった祝日「こどもの日」にちなみ、アメリカでは1940年ですが日本では1952年5月17日に公開されたディズニーの長編アニメーション2作目の『ピノキオ』をご紹介します。

それでは今までリリースされているレアな作品や現在でも発売されている作品をご覧いただきながら物語をおさらいしてみたいと思います。

ピノキオの誕生

こころ優しいおもちゃ職人のゼペットじいさんは、自身が作った木のお人形「ピノキオ」が人間のこどもになりますようにと夜空に輝く星に願います。

みんなが寝静まったころ、妖精のブルー・フェアリーがあらわれてゼペットじいさんの願いを叶え、ピノキオが善い行いをするならばほんとうの人間のこどもにしてあげましょうと、命をあたえます。

ディズニー長編アニメーション ディズニーフィギュア ピノキオ ブルーフェアリー
ピノキオに命を与えるブルーフェアリー

こおろぎのジミニー・クリケットは、世間知らずなピノキオが正しい行いをするように「良心」に任命されます。

ディズニー長編アニメーション ディズニーフィギュア ディズニートラディション ピノキオ ジミニークリケット
Big Fig Jiminy Cricket / Pinocchio / Disney Tradition
ディズニー長編アニメーション ディズニーフィギュア ディズニーブリット ピノキオ ブルーフェアリー
Pinocchio 80th / Pinocchio / Disney Britto

Big Fig Jiminy Cricket

¥ 27,500

ピノキオと嘘

命が宿ったピノキオを見てゼペットじいさんは大喜びで普通の人間のこどもと同じように学校に通わせますが、詐欺師の狐ファウルフェローとその子分のギデオンにスターにしてあげるとそそのかされてストロンボリー一座に連れていかれてしまいます。

糸のない操り人形として大人気になったピノキオを座長は家に帰らせず閉じ込めてしまいます。そこへまたブルー・フェアリーがあらわれますが、なぜ捕まったのかを問いかけ、その質問にピノキオが嘘をついてしまうと鼻が伸びてしまいました。ジミニー・クリケットの助言もあり、心を入れ替えると約束し、無事に家に帰してもらいます。

ディズニー長編アニメーション ディズニーフィギュア ピノキオ ブルーフェアリー ジミニークリケット
嘘をついて鼻が伸びてしまうピノキオ

“善い行い”と“悪い行い”

ですがまた、ファウルフェロー達に「遊びの島」に行こうと誘われ、今回は無理やり連れていかれたものの島で過ごすうちに、悪いことは楽しいこととすっかり善い行いから外れてしまいます。

忠告に来たジミニーも怒って帰ろうとしますが、こどもたちがロバに変えられてしまっているのを見て慌ててピノキオを助けに戻ります。しっぽと耳がはえてきたピノキオはジミニーと一緒に家逃げ帰ることができました。

ディズニー長編アニメーション ディズニーフィギュア WDCC ピノキオ ブルーフェアリー
A Terrifying Tail / Pinocchio / WDCC

ほんとうの人間の子供に

安心したのもつかの間、ゼペットじいさんは帰ってこないピノキオを探しにでかけ、クジラの王様モンストロに飲み込まれてしまったという手紙がとどきます。それを見たピノキオはすぐさまゼペットじいさんを助けに海に向かいます。

クジラのお腹の中で再会した2人は、ピノキオの知恵と勇気で焚火をしてくしゃみをさせてその勢いで脱出することができました。ですが全力でゼペットじいさんを助けたピノキオは力尽きてしまうのです。

ディズニー長編アニメーション ディズニーフィギュア ディズニートラディション ピノキオ ゼペット モンストロ
Monstro with Gepetto / Pinocchio / Disney Tradition

悲しみにくれる中、ブルー・フェアリーは勇敢でやさしい心になったピノキオをゼペットさんの願い通りほんとうの人間のこどもにするのでした。

ディズニー長編アニメーション ディズニーフィギュア WDCC ピノキオ ブルーフェアリー
A Father’s Joy / Pinocchio / WDCC

そしてピノキオの「良心」として立派に役目を務めたジミニーには金の勲章を与えました。

ディズニー長編アニメーション ディズニーフィギュア ディズニートラディション ピノキオ ジミニークリケット
Jiminy Cricket / Pinocchio / Disney Tradition

物語から飛び出して

『ピノキオ』の登場人物の中でも原作ではほとんど出番のなかったジミニー・クリケットが映画では非常に重要な役割をしています。

物語の中でもストーリーテラーを務め、まさに「良心」としての役目を全うします。また、『ピノキオ』の映画だけではなく様々なディズニー関連のアイコンとして登場しています。

このように原作では名も無かったキャラクターを魅力あるキャラクターに生まれ変わらせるのもディズニーが長く愛される秘訣かもしれませんね。

※在庫は日々変動致します。在庫に関してご質問がある方はお問い合わせくださいませ。