ART GALLERY EDOM アートギャラリー エドム

ディズニー長編アニメーションの記念すべき第1作、白雪姫

世界初の長編カラーアニメーション

今回は、1937年に公開された世界で初めての長編カラーアニメーション「白雪姫」をご紹介します。


「アニメといえば短編があたりまえ」と考えられていた時代。

ウォルト・ディズニーは、「長いことカラーの画面を見ていると目が悪くなる」などと言われていた時代に、長編アニメーションを制作するという前代未聞の世界に挑みました。

不況にもかかわらず、多くの優秀な人材を雇い入れ、製作費が150万ドルにもふくれあがってしまったことで、「ディズニーの道楽」と呼ばれて下馬評はさんざんでした。

しかし、ハリウッドの名士が集まったプレミアショーで観客は総立ちになり、拍手喝采!

「白雪姫」は空前の大ヒットとなり、ディズニー長編アニメの長い歴史の第一歩となったのです。

元祖ディズニーのお姫さまと王子様の胸キュンな恋のストーリー

昔、ある国に白雪という名のお姫さまがいました。
くちびるは赤いバラ、髪は黒々と輝き、肌は雪の白さ、純真で愛らしい性格です。
その美しさを妬んだ王妃は、白雪姫にボロをまとわせ、さまざまな雑用をさせてきましたが、光り輝く美しさはボロでは隠せず、年とともに姫はますます美しくなります。
王妃は、家来に姫を殺して心臓を持ち帰るように命じますが、不憫に思った家来は、姫を森に逃がすのでした。

白雪姫は、森の奥深くにある「7人のこびと」の家に匿われることになりました。
家事も万能な姫は、毎日こびとたちの世話をし、質素ながらも楽しい日々を送ります。
一方、白雪姫が生きていることに気づいた王妃は、魔女の姿に変身し、恐ろしい毒入りリンゴを作り姫のもとへ。
そのリンゴをひと口かじった姫は、そのまま倒れて息絶えてしまいます。
悲しんだこびとたちは、姫の亡骸を棺におさめました。
そこへ、白雪姫に恋をした王子がやってきます・・・。

元祖ディズニーのお姫さまは、可憐で清楚な白雪姫

今回は白雪姫のお話しと、それにちなんだアート作品、フィギュアをご紹介します。
まずは、ディズニートラディションよりアーティスト「ジム・ショア」の作品をご紹介します。

主人公の白雪姫は雪のような白い肌、バラのように赤い唇をもつ純真なお姫様です。
こちらのフィギュアは、そんな白雪姫にぴったりな「ホワイトシリーズ」になります。普段から、落ち着いたお色使いが特徴のジム・ショア作品ですが、こちらは白を基調とした上品な仕上がりです。

鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰?

王妃は毎日、魔法の鏡に問いかけています。
「鏡よ鏡、この世で一番美しいのは誰?」

もちろん、王妃も怖いくらい美しいのですが、心も美しい白雪姫にはかないません。
魔法の鏡は「白雪姫」と答えました。

こちらもジム・ショア作品になりますので、アンティーク調に仕上げられ、どんなお部屋にもマッチします。
何を隠そうヴィランズも大人気。
美しく迫力満点なエビル・クイーンをお部屋にいかがでしょうか?

小さな主人公たち

主人公の白雪姫より人気があるといっても過言ではないくらい、世界中で愛されている「7人のこびと」たち。
彼らのアート作品が入るとすぐに完売してしまうほどの人気ぶりです。

ウォルト・ディズニーは、こびと1人1人に性格や名前を付け、大変に力を入れていたキャラクターと言われています。
それだけに彼らは7人皆それぞれキュートで、魅力があります。
今回は、ポップアーティスト「ロメロ・ブリット」の作品をご紹介します。

「ハイホー!ハイホー!」という歌声が聞こえてきそうな、明るい作品です。カラフルな色使いと斬新なデザインは、まさにアートそのもの。

こびとたちそれぞれの動きや表情も特徴が出ており、素晴らしい作品です。

白雪姫の世界観、ご自宅にいかがですか?